追記:伊藤ゆう都議に関しては私は以下の記事のように認識を改めたので、本記事を読む方はこちらもご参照ください。
http://usami-noriya.blog.jp/archives/36772587.html



========
ども宇佐美です。
最近twitterで遊んでいただいている都民ファーストの会の伊藤ゆう都議といよいよ本日21時からアベマプライムで共演できるということで楽しみにしています。


 

、、、と言ってるそばから伊藤ゆう都議が副委員長を勤めている予算特別委員会が崩壊して、押し合い、もみ合い、怒鳴り合い、のバトルロワイアルになった模様です。伊藤ゆう都議としては「運営に全力を尽くした」結果がこれということらしいです。


都議会がこのようなバトルロワイアル状態になった理由ですが伝え聞く限りは

・事前協議で自民党、共産党が市場移転問題の経緯を明らかにするために、元東京都顧問で現在都民ファースト事務総長の小島敏郎氏の参考人招致を求めたところ、都民ファーストの会が拒否し決裂???

・協議で話がまとまらないので仕方なしに3-14の委員会の運営を決める理事会に自民党と共産党が欠席したところ、都民ファーストの会は「全会一致」という慣例を無視して、そのまま理事会を強硬開催。

・自民党と共産党が反発しバトルロワイアルに突入、議会崩壊

という流れのようです。漏れ伝え聞く限りは伊藤ゆう都議の態度は極めて強硬で、”野党側から見た”今回の事態の一番の戦犯の一人と呼ばれています。なお伊藤ゆう都議は「議会改革」が信条のようなので、これが彼の目指した議会運営の姿なのでしょう。

なお委員会の委員長ー副委員長ポストは与党の都民Fや公明だけのものではなく、総務委員会、文教委員会、公営企業委員会、は自民党と共産党が委員長ポスト勤めているので、このままでは今後の報復は必死で都議会はこれから本格的に崩壊していくものと思われます。。。何やってんですかね〜、、、、同じ喧嘩でも大阪は府市の将来を左右する政策的大論争なのに対して、我が東京では議会で乱闘騒ぎですからね。。。

正直私には都民ファーストの会がなんで、そんなに必死に小島敏郎氏を隠蔽するのか、そもそも東京をどうしたいのか、未だに全く見えないわけで、明日のアベプラではその辺について議論できればいいなと思っています。少なくとも「AI(独裁者)が市場移転問題を決めた」などという意味不明な政策決定過程で、5600億円の追加支出を認めるような悪例を議会は残してはいけないと思うのですよ。

っていうかこんな状況が続くなら「そんなAI、取り替えた方が良くない」とも思うわけでして、、予算通し終わった後に何処かのタイミングで都議会議員も都知事も選びなおした方がいいと思うんですよね。小池知事の公約によれば彼女の任期は3年半のはずで、2020年1月までには都知事選挙が行われるわけですから。。。それともそのうち「3年半というのは4年という意味も含まれる」などと言い出すんでしょうか。。。

https://www.buzzfeed.com/jp/keiyoshikawa/koike-tokyo


ではでは今回はこの辺で。