いわゆるエコカー周りの動きが激しい。簡単に近々の動きについてメモ。

次世代エネルギーを事業の中核へ、覚悟を決めたトヨタの環境戦略(前編) (1/3)
ボルボが“電動化戦略”を発表、VW問題でプラグインハイブリッドに追い風か (2/2)

・トヨタがHV→PHV→FCV→EVの図を描いてるのに対して、ボルボはEVにもう少し早く移行することにかけてる模様。いずれにしろFCVの普及は燃料電池産業に大きな影響を与えるので注目しよう。

石油火力発電の石炭火力発電へのリプレイスが進みそうで、バイオマス混晶との論点整理が気になるところ。この辺の事情はjbpressの連載でまとめよう。

固定価格買取制度で太陽光発電の買取形式が市場連動で変動する形式になりそうでこの辺の詳細もjbpressの連載でまとめようと思う。入札制度も近い将来導入されそう。

中国が日本を潜在的核保有国と国連で非難した模様。核燃サイクルはもんじゅの扱いも含めて2018年の日米原子力協定延長までに整理する頃合いが来ている。